秋期企画展「郵便屋さんの図像学」Iconography of Postman(仮称)

「引札(味噌溜製造/海野隼一)」(1911年頃)

1902年に郵便博物館として創立し、以来100年以上にわたって逓信・郵政事業に関する資料を収集してきた当館には、郵便集配員を描いた錦絵、ポスターやチラシなどの宣伝印刷物、雑誌の表紙を飾った油彩原画等が多数収蔵されています。
美術史学の分野では、モチーフから作品の意味内容や背景を読み取る「図像学」という研究手法が知られています。本展は当館の200万点を超える資料から郵便配達員が描かれた作品を初めて一堂に公開し、その図像の特徴や変遷を辿る試みです。「郵便屋さん」として親しまれた集配員の知られざる仕事や苦楽を感じていただけましたら幸いです。

開催概要

【会  期】
2019年10月12日(土)-12月25日(水) 
*11月18日(月)に一部作品の展示替えを行います。

【休 館 日】
11月18日(月)

【会  場】
郵政博物館 企画展示ゾーン
*関連イベントについては会場が異なる場合があります。

【開館時間】
10:00-17:30(入館は17:00まで)

【入 館 料】
大人300円(250円)/小・中・高校生150円(100円)
*( )内は10名以上の団体料金 *障がい者手帳をお持ちの方と介助の方は無料

【主  催】
郵政博物館

※展示構成、イベント情報等については今後順次公開いたします。