「チャックまの夏休み」in 郵政博物館

郵政博物館に不思議な熊“チャックま”登場!
チャックから笹が生える!?スイカが転げ出す!?

 

2017年7月10日(月)~23日(日)
郵政博物館 多目的スペース
主催:tomoart
後援:クリエイターズ・エンタテインメント
協力:郵政博物館

 

chackma22.jpg

不思議で、かわいらしく、思わず笑いが込み上げてきて気持ちが温まるキャラクター、チャックまのイベント「チャックまの夏休み in 郵政博物館」を昨年に引き続き開催いたします。
イラスト展示やグッズ販売のほか、ワークショップなどを行います。

■イベント 概要

1. “チャックま”イラスト展覧会

おなかに大きなチャックがついた不思議な熊の“チャックま”と仲間たちの日常を描いたひとコママンガ風イラストを約50点展示します。

2. “チャックま”デジタル紙芝居

[開催日] 会期中の土・日・祝日
[時 間](1)13:00  (2)15:00 (各20分から30分) 
[会 場] 多目的スペース 
[内 容] 子供も大人も楽しめるお話を、作者tomoart本人がイラストと共に朗読します。

3.“チャックま”トートバッグデコ

[開催日]会期中の土・日・祝日
[時 間] ※時間中随時受付です。
[会 場]多目的スペース
[料 金]1,500円(材料費としていだきます)※別途、入館料がかかります。
[内 容]“チャックま”はんこでトートバッグをデコレーションしよう。

4.“チャックま”額入り塗り絵

[開催日]会期中の土・日・祝日
[時 間] ※時間中随時受付です。
[会 場]多目的スペース
[料 金]700円(A4判額を含む材料費としていだきます)※別途、入館料がかかります。
[内 容]“チャックま”のイラストぬり絵に挑戦しよう!

5.消しゴムはんこづくり

[開催日]7月21日(金)、7月22日(土)、7月23日(日)
[時 間] ※時間中随時受付です。
[会 場]多目的スペース
[料 金] 1,000円(材料費としていだきます)※別途、入館料がかかります。
[内 容]はんこ団かおりさんによる消しゴムはんこづくり教室。

6.缶バッジづくり

[開催日]7月21日(金)、7月22日(土)、7月23日(日)
[時 間] ※時間中随時受付です。
[会 場]多目的スペース
[料 金] 500円(材料費としていだきます)※別途、入館料がかかります。
[内 容]自分で描いたチャックまが缶バッジになるよ。

7.消しゴムはんこで絵はがきづくり

[開催日]7月10日(月)~7月23日(日)
[時 間] ※時間中随時受付です。
[会 場]多目的スペース
[料 金]無料(別途入館料が必要です)
[内 容]はんこを使ってオリジナル絵はがきをつくろう。

8. 特設グッズ販売スペース

    今回、会場の当館にちなみ郵便や通信にまつわる“チャックま”イラストやフレーム切手やポストカード等を販売します。
また、ポーチ、ペンケース、ストーリーブック、マグカップ、タオル、ピンバッジ、缶バッジ、ステッカー、クリアファイル等の他、福月洋装店コラボペンケースや巾着、コースター等の“チャックま”グッズを販売します。

9.アニマルデザイン博

7月7日(金)~7月9日(日)は、郵政博物館多目的スペースアニマルデザイン博にも参加!いろんな動物たちが遊びに来るよ!

詳しくは「アニマルデザイン博」ページへ

■“チャックま”について

(詳しくは公式サイト http://chackma.jp へ)
チャック界からやってきたチャックま、ジッパンダ、ファスニャン、ヒツジッパー。そしてこちらの世界で出会った子どものくま、コグマ。この五人の日常には、毎日ちょっとした事件が起こります。その事件の中心がチャックまのお腹のチャック。なぜかチャックまのチャックだけ時々“別次元”と繋がってしまう不思議なチャックなのです。そんな騒がしく楽しい毎日を描いたイラストを中心に展開しているキャラクターブランドです。

■作者tomoartについて

神奈川県厚木市在住のイラストレーター/グラフィックデザイナー。
1989年、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒
1989~2011年、(株)三越勤務(広告担当)
2012年~、文化服装学院 非常勤講師(プロモーション)
2013年12月キャラクターデータバンク主催「キャラビズ塾」修了
chackma15.jpg