収蔵品のご紹介

郵便現業絵巻 上巻

郵便現業絵巻 上巻

画像を拡大する

文化遺産名称 郵便現業絵巻 上巻 [ゆうびんげんぎょうえまき じょうかん]
員数 1
作者名 久保田米僊 [くぼたべいせん]
分野 絵画
所在地 郵政博物館
解説文 「郵便現業絵巻」は、明治期の郵便局窓口の様子や郵便局内外での作業風景を描いた絵巻で、明治26(1893)年にアメリカ合衆国シカゴ市においてコロンブスのアメリカ到達400年を記念して開催された「コロンブス世界博覧会」に出品するために制作されたものです。作者は久保田米僊で、上下2巻の巻子本(巻物)になっており、上、下巻各6場面ずつ計12場面の構成となっています。
上巻は、明治25(1892)年4月に完成した東京郵便電信局の窓口、郵便物差立区分室における郵便物の取揃えや差立区分の風景といった屋内での業務の様子が描かれています。

条件を指定して検索する

フリーワード:
資料名:
作家名:
時代:
制作年(西暦): 年 〜