収蔵品のご紹介

東京名所図会 海運橋通り 第一国立銀行

東京名所図会 海運橋通り 第一国立銀行

画像を拡大する

文化遺産名称 東京名所図会 海運橋通り 第一国立銀行
員数 1
作者名 歌川広重(三代目)
西暦 1875年
時代 明治8年
分野 版画
所在地 郵政博物館
解説文 明治4年8月着工、翌年6月に竣工した建物で、清水建設の前身清水組の二代目清水喜助が設計施工が手がけたました。当初、三井組の銀行として設計計画が行われましたが、明治6年に第一国立銀行として開業することになりました。変則的な5階建てで、当時としては画期的な高層建築でした。画面左下には、郵便外務員の姿が見られます。

条件を指定して検索する

フリーワード:
資料名:
作家名:
時代:
制作年(西暦): 年 〜